成年後見・財産管理

成年後見・財産管理

成年後見とは

第二次世界大戦終了後、我が国の著しい経済成長、並びにそれに伴う医療技術の進化、栄養条件の改善、衛生設備の充実といった様々な要因で平均寿命は延びていき、現在では世界の中でも最長寿国の一つに数えられるようになりました。
しかし、そういった長寿化の中で、新たな悩みも生じてきています。
すなわち、長生きするといっても高齢化によって人々の肉体的な衰えそのものは、現代医学の水準では押し止めることはできず、同様に脳機能、精神判断力の衰えも押し止めるということはなかなか難しいといわざるを得ません。
併せて、家族構成の変化によって、核家族化が進み、昔の三世代同居、複数夫婦同居といった大家族制度のもとでのお年寄りの世話ということが期待できなくなっています。 こういった状況において、十分な判断能力を欠くに至ったお年寄りの生活のサポート、財産の管理の必要性は増大しています。
このような要求に応えるため、成年後見制度、任意後見制度といった仕組みが近年の立法で整備されてきております。
そこで、自らもしくは身近な親族の方々に少し、判断能力に問題があると思ったり、気が付いたら、普通の話がしにくくなっているという症状が出て、それらの方々の財産管理に不安が生ずるといった悩みが生じた場合、当事務所に御相談いただきたいと思います。 当事務所には、成年後見人、保佐人、任意後見監督人といった職の経験のある弁護士が在籍しており、御相談に対処させていただいております。

具体的な相談の事例

・ 成年後見制度とはどのようなものか
・ 成年後見・財産管理に関する問題 Q&A
・ 任意・後見制度とはどのようなものか
・ 認知症になった人の財産はどのようにして取引することができるか
・ 相続財産管理とはどのようなものか

無料相談

ご相談の方法

tel 03-5574-7791

気軽にお問い合わせください